2020
11/25

商談で

宮古へ行ってきました。
三陸自動車道で津波被害の大きかった地区を通りました。わたしもアワビやワカメの加工を手掛けていたので大きな被害を受けましたが、家族や住まいを無くされた方とは比較にもなりません。
遠野では落ち葉焚きの煙が立ち上がり「焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き~座敷わらしが火を着けた~」などと口ずさむ。運転だけしてれば良いのでリラックスできました。

テレビで初漁は3日と伝えてたと。93才の義父が教えてくれた。詳細を尋ねたがどのテレビ局かは不明。
水産振興センターの発表もない、ま~それにしても一応の目安ではある。それまでにやらなければならない作業がたくさん。3日より早く漁が始まれば、悲惨です。

あれこれ考えると、胃がよじれる。

2020
11/24

シェフが腕組みした「いきなりステーキ」の看板はあるが、車もないし変だな~。「いきなり閉店」かもしれない。秋田市土崎のことです。

北浦漁協の帰り、浜には誰もいない。そういえば12時半だからな~。船のそばにはハタハタ選別台が設置された。あとは船にポンプを仕付けるだけだ。
文章でまざまざと情景を描けれればよいが、チト力不足。やはり写真機持参で動きます。だって簡単だもの。

2020
11/22

今日の日曜日、結局

道の駅「オガーレ」に沢山のお客様が見えられた。生ハタハタ特売が目当てでしょうが、漁が少ないのでやや高め。そのせいでお手頃価格の弊社のハタハタ加工品が売れたのかな~?
たくさん作ってた「ハタハタフライ」がほぼ完売。唐揚げも大変な売れ行きで、ゆっくりできなかった。スタッフもお休みだし、結局ひとりで動くしかありません。
ブリの切り身もあったし、ま~ボヤ~~としてるよりはいいでしょう。
あ~帳面つけは後回しだな。
男鹿沖は相変わらず不漁だが、県内取引先の仲買人からおととい沖合漁で2000箱の水揚げがあったとの報告。旺盛なハタハタ向けの秋田の胃は、この程度では満たされない。しかし、12月沿岸に期待を持てそうだ。中型主体でした。
なお、「2000箱あったよ~!!」と興奮して電話くれた知り合いがいたが、ま~落ち着いてください。気持ちはとても分かりますが、電話入れないでください。私はひとりでてんてこ舞いだったから・・。

2020
11/22

浜も漁協もお休みです。動きたいけど身動き取れないのがきょうの日曜日。風が強いから船もお休みでしょう。
きょうはゆっくり、寿し漬けの準備、冷凍庫の整理、給食の下準備、たまった伝票の整理記帳をします。

2020
11/22

20aikawa.jpg
鎌田金川郵便局長 作

こんばんは、こちらこそ旬の時期に男鹿の梨をいただき有難うございました。忙しい漁の合間をぬって僕ら兄弟、親戚にハタハタを送っていることを察すると、量、質には文句は言えません、兄貴には頭が下がります。(愛知・佐藤さん)

イラスト左端が佐藤さんのお兄さん。船の若頭で、親方からも頼りにされ漁にはなくてはならない存在。期間中は多忙を極め、愛知の弟に十分なハタハタを送ることもできません。そこで、私にハタハタの注文となったのがメールの内容。
兄は私と同じく古希を迎えた。体も若く馬力あるナイスガイです。おないどしということもあり、23年のお付き合いになりました。愛知の弟さんは家内と同級生で、先日シャインマスカットを送ってくれ、家内の返礼で梨となったしだい。
先日網の修繕をスタッフ総出で作業をしていました。
「舎弟から注文入ったよ。兄貴いるのに・・?」「そんな暇ないから、送ったらいいよ。」兄弟を思う気持ちも、過酷の漁な最中ですからお粗末になってもやむを得ない。
私自身も期間中にハタハタを十分に食べたことがありません。食うより寝るが優先です。
まもなく突入ですね。

2020
11/21

オガーレ

きょうは道の駅オガーレの「魚神祭」です。
202011091116561538.jpg
いつもは3K箱売りだが、今年は500g袋入りとのこと。ど~もハタハタが無いと手足もぎ取られた感じです。

2020
11/19

来月の学校給食のご注文も沢山入ってます。「ブリ照り焼き」「鮭切り身」「塩サバ」「ハタハタフライカレー味」などです。寿しの切り込みもでかさなければなりません。一校で約2千個。えーと取引あるのは男鹿市潟上市ほか県南とかで合わせてかなりですね。
生ハタハタが入荷すると、それらの仕事は後回し。給食の製品は今作らなければなりません。濃密な時間はすでにはじまっています。給食依頼のファックスのピークは20日~28日。胃が痛い。

2020
11/19

朝メールを開けるのが怖い。
多くのご依頼があり、その数に恐怖しています。きのう作業はスタッフに任せ、整理とご注文いただきましたの返信メールをひたすら打つ。ひとりひとりの方に思い出がありますよ。お名前もそれなりに記憶しています。
登録されて無い方からのご注文がありましたが、3年ぶりの依頼。確か聞いたお名前と調べたら3年ぶりのご注文でした。まだボケてないようです。ま~まだらボケは始まってますが、今の時期はシャンとしてます。
30年前サラリーマンの頃は電話受注が多く、声の調子だけでお名前が出たものです。今はその面影もありません。大体モニターの中だけでのお付き合いですので、五感を働かせる必要はなくて楽ですが、こんなんで良いのかな?とは思います。その頃はたいていハタハタ時期のふるさとへの思いをお聞きしながらのご注文でした。
お気持ちは十分に察してますから、ご注文確認しましたのメールは必ずだすようにしています。機械的な処理は思い出を薄めてしまうと感じますので・・。
ハタハタ時期は家族で、食べる作るの毎日イベント。ハタハタで今は無き家族たち、それが最初に思い浮かぶのです。

ただし電話でのお問い合わせは対応できなくなりました。その場合はハタハタチラシを郵送しています。それが精一杯です。お許しください。

2020
11/18

メールご紹介

年に一度の待ちに待った季節(*^-^*) 自然が相手とのことで笹渕さんには胃の痛い季節かと思いますが... ハタハタが毎年漁高にムラがあるのは秋田出身ですので知ってますし、いつも正直に迅速に状況をはたはた日記に載せてくださるので何かの都合で変更あっても納得!ですので、プレッシャーに感じずよろしくお願いします(^-^) 東京はコロナ感染者が増え外出を控えているため、おうちご飯が楽しみ、また今年は帰省もやめるため故郷の味ハタハタが楽しみです。 東京でも秋田ハタハタは手に入るのですが、高い&新鮮さが全然違いまして...ブリの粘りが(笑) 今年も楽しみにしています!(プレジャーのないようにとは矛盾しますが...)まずは健康第一ということで無理なさらず体調お気をつけください。
正直に迅速に・・正直です。迅速・・そそっかしです。プレッシャーに感じず・・・待ってる気持ちを大事にしたいですね。みなさんのハタハタへの思い入れを大事にしたいです。 健康第一・・・ハタハタ時期は突っ走ります。それが済めばまだ大丈夫と確信します。でも何年できるかな?80歳なる漁師さんがシャンとして荒波漕いで行くのだから・・まだ頑張ります。 ありがとうございます。
2020
11/18

メールご紹介

はたはた日記を読んでいると笹渕さんの人柄が凄く伝わってきます。みなさんに愛されている笹渕さんに覚えて貰えていて嬉しくて光栄な気持ちでいっぱいです。 失礼ながら事前注文をしてしまい受付してもらったので、不要なメールはお忙しいと思い控えていたのですが、これからの応援の言葉を伝えたくメールさせて頂きました。 笹渕さんの嬉しい悲鳴がでるくらいの大豊漁になりますように☆体をご自愛くださいね!神奈川から応援してます!
見識のお高いお客様とお見受けいたします。わたしはかなり照れ屋ですので少々削除してご紹介しようと考えてました。しかしあまりにもピンポンなので・・エヘ
はたはた通信 発行責任者 男鹿海洋物産 笹渕
はたはた通信 発行責任者
男鹿海洋物産(有) 笹渕
首都圏男鹿の会のご案内
ページの先頭へ移動