2017
8/18

疲労困憊

大賑わいの金川台夏祭りだったが、えら~~い疲れた。他の役員もお疲れだったので、私だけが弱音を吐くのも如何かと思うが、勘弁してください。
当日午前中は冷凍切身をこなす。全部解凍して切るのは、グダグダしてはかどらず、凍っているのを体重をかけて切っていく。このあたりで摩耗率70%。
午後から缶ビールなど軽トラック満杯の荷物を積み込み会場へ。本当に疲れてたので、会館の窓を開け、高校野球を見ながら寝入った。三々五々役員が集まり目覚めるも、体が動かない。みなさんが段取りしてるのを横目にしながら、休憩を続ける。体も覚醒しはじめたが、それまでに30分かかった。
翌朝5時、軽トラックに積み込んでいた発泡スチロールや残滓の片づけをし洗浄。ゴミ分別後弊社の仕事の段取り。8時にやぐらの解体などあり、一時会場へ。その後秋田市場へ納品したが、途中から変調。帰宅し昼寝を2時間。
やや回復したのでゴルフの練習へ・・。土曜日宝塚畠山さんとの決戦を控えてるので、体の養生どころではありません。
それで、夕食途中テーブル前へそのまま寝入った。3時間半ほど寝てたら、家内が「お風呂に入ったら」でシャワーを浴びそのまま布団へ。結局朝6時まで爆睡。
今朝は疲れも取れ快調。もちろん練習に行きます。明日10時過ぎから、ゴングが鳴る。右手の握力が殆ど無く、苦戦が予想される。

2017
8/17

金川台夏祭り

日が少し暮れてから人が増え始め、役員一同胸を撫でおろすと同時に、焼き鳥サザエを猛烈に焼き始める。
今年は踊り手が増えました。叩き手が疲れても輪はつながる。やむを得ず抽選会に持ち込むしかなかった。嬉しいことです。
「老いも若きもガッチャキもよく来てくれた!これから抽選会を行います。賞品総額1000万円!」会場がどよめく・。
「一等、一匹100万円のうなぎ5本」
「2等、30万のクロモ25本」
「3等、金粉入り燃えるゴミ袋、これが2万円・・80本」
え~とですね、多少ホラッ毛があったほうが皆さん喜ぶ。
「予算も少なく緊縮しました・・1500円のうなぎ、500円のくろも、300円のゴミ袋・」
一目瞭然ですな~~アハハ。
わたしのビックマウスへの期待は来年さらに高まるでしょう。
缶ビール200本缶チューハイ100本ジュースお茶70本焼き鳥270本サザエ250個ババヘラアイス10Kみなさん健啖家!!
スイカの差し入れがあり、「船木さんからスイカの差し入れがありました~」と5回は叫んだので、彼も心地よく酔ってましたな~。

2017
8/16

大曲花火秘話

花火会場で困るのはトイレ。簡易トイレが立ち並ぶも数十万人の需要に応えるのは至難。
そこで有料トイレに駆け込んだ。笑顔満面妙齢の女性に300円支払い用事を済ます。
300円も払ったから、しぶきを切ってくれると思ってたが、なしのつぶて。結局自分で切った。

2017
8/15

日本海花火

どんどん構成が良くなっている。物量の大曲には見られない企画力は日本海花火の魅力だろう。また軽やかなチャーリーホイさんの司会進行は、とても和ませてくれる。
特筆が小林幸子の衣装を模した花火だし、郷ひろみのイメージも最高。白眉はスマップで、大輪の花火とは趣のちがう、ステンドグラスが空に舞ってるのも会場を沸かせた。
真上だけでなく、花火を海面すれすれに打ち出すのも当地の特徴かもしれない。遠く離れた場所から見られた方は会場より良かったのでは・。
船川は海に向かって斜面の続く町だ。そのため天然の観覧席をしつらえているようだし、障壁なく見られる海岸数キロにも及ぶ護岸もスポット。場外の観覧者は数倍と思われる。
スタッフ、ボランティアの皆様に感謝いたします。毎年の企画は大変でしょうが、男鹿の叡智に乾杯でビールを飲み過ぎた。

当花火でおまけも付きました。男鹿の会安田さんのワゴン車へ同乗してた女性と50年ぶりの遇会。
「笹渕さんお久しぶりです。私佐々木美紀子です」マドンナ美紀さんではないか!瞳のおおきな方で、高校時代肌触れ合ったではなく、ともに汗を流したチームメイトに、少し戸惑ったな~。今も変わらぬマドンナぶりは健在でした。

2017
8/14

日本海花火

motox1813.jpg
日本海花火がきょう行われるが、9時現在曇りで肌寒い。ジャンパーなど持ち込み、観覧の装いは少し暖かいほうが良さそうです。
首都圏男鹿の会の佐藤さんと安田さんが花火観覧のため駐車する。会場近くの駐車場は混んで出入りも大変だが、市役所前のここは穴場。会場まで徒歩10分で帰りも楽だ。
ただし、秋田方面に向かうのはとてつもなく時間が必要。そこで北方向の裏道から抜け寒風山の麓へ出る。えらい遠回りだが、時間は早い。ただし山道を通るので・・やめたほうがよいかな?
千葉の宮崎さんが帰省のついでに立ち寄り「クロモ」を購入された。毎年ハタハタや寿しを求められている。感謝感謝。
当ホームページをたびたび訪問されているようで、弊社の事情に大変詳しい。現在パソコンを打ってるこの場所で産婆さんに取り上げられたこともご存じでした。本当にありがとうございました。
しばらく休んでいましたが、宮崎さんから見てるからと言われれば無理でも再開するしかありませんね。

2017
7/29

kikai.jpg
喜界島(きかいじま、きかいがしま)は奄美群島の北東部に位置する島。 鹿児島県大島郡に属し、全島が喜界町に属している。奄美大島にほど近い、東経130度線上に位置している。

江戸川の三浦さん(同期)が退職後喜界島に移住したいとのこと。
先日、土地の下見を兼ねて行って来ました、4ケ所ばかり見てきました、空港の近くに300坪位のいい場所が有りましたよ、アパートを建てようかと?どーしてもこの島に住みたい気持ちがあって、知り合いも結構いるんですよ、建築関係・運送関係の方々も他に・・。酒は美味いし姉ちゃんは綺麗だし・・ナンチャッテね!
マンゴウの生産にチャレンジしようかと???知り合いの生産者と2時間ばかり生産地で話込んじゃって夢が膨らむばかり>>>>>会社退職して 早く行きたーい・それまでガンバロー!!
まだ会ったことのない三浦さんですが、メールのやり取りや携帯の会話から、隣近所にいて毎日顔を会せてる感じなんですね。はっきり言って大好人物ナイスガイ。それが将来喜界島で過ごしたいという。企業戦士として数十年戦い続け、ようやく安住の地を探し当てたのでしょう。
江戸川にいればこそ機会があればすぐでも会える。それが喜界島では・・。少しの寂しさは、今度東京に行くから酒でも飲みませんかの機会を失うも同じ。それと今後のビジョンが夢あふれて・・さすが・・おいらには無いものです・。一抹の寂しさはそんなところからくると思う。
ま~個人的感傷はともかく、三浦さんの今後に乾杯ですね。
それでですが三浦さん、ことし10月末あいましょう!!

2017
7/26

style="" />kuromo1.JPGおかしいな~?縦になりません
久しぶりに仕事の日記にしましたが、どうすれば写真直るのか??
毎年市役所前(弊社は市庁舎向い)に「クロモ」の幟をたてて10数年。新調した幟がようやく届きました。
例年7月初めには颯爽とたなびかせていたので、「今年はやらないの?」の問い合わせがありました。遅ればせながら男鹿の夏を体感しています?
え~とですね、幟効果は大きい。早速お客様が6個2000円のお買い上げ!!わたしはお金が大好きなんですよ~~嬉しい??
町内のみなさ~~ん!!水揚げ後3時間以内で湯通ししたものです。
3個1000円でお買い得!ギフトでご利用の場合10P4000円(送料・税込み)
是非ご利用ください。1個だと?・・・想定してません。350円かな?
首都圏男鹿の会のみなさん。今年も売店に並びますのでご心配なく。

ご希望の方はいたるところにあるメールで「クロモちょうだい」とし、お名前・住所〒・電話番号を記入し送信ください。郵便振替用紙同封してお送りします。
kaiyobussan@namahage.ne.jp

2017
7/24

学校も夏休みに入り20日ころまで一段落。クロモも随分作り、あと一回で今年の仕込みを終えます。
事務所前に「男鹿の夏・湯通しクロモ・3P1000円」の幟を立て、少し賑わい感を出そうと考えていたのですが、頼んだ幟が来ない。「来週には」と平身低頭だが、6月30日に発注してたんですよ~プンプン。これだったらネットの制作幟にすれば良かった。ま~いいか。
男鹿は観光シーズンに入りました。多くの方が男鹿半島へおいでになるので、その仕込みをすればゆっくりできますね。

ゴルフの練習を始めなければ・・・宝塚畠山さんに「勝負!勝負!」と果し合いを申し込まれた。当然返り討ちにするつもりだが、なにせクラブを握ってません。右手は腱鞘炎で左手の倍の厚さになり、ついでにお腹も倍になりました。
先日JA南秋田の組合長が怪訝そうに私を見ていたので、
「や~組合長!お久しぶりです」
「笹渕さんだとは思ってたが、あまり恰幅が良すぎて・・話かけづらかった・・」ま~こんな状況です。
8月1日に弊社のお客様が夫婦同伴でお見えになる。そんなことで、朝のカップラーメンを止め、減量真っ最中。効果は全然ありません。
ま~一週間あるから2~3Kは痩せられるだろう。
スラックスは殆ど捨てました。足を通していないのは知人にプレゼントしたし、在庫がありません。悩みは尽きないので痩せると思う。

2017
7/23

先ほどまで大雨が降り続いていたが、今は止み空も明るい。
「今日はクロモへ行くの?」
「海の具合良くないから休み」
雨が上がっても、山の水がドンドン海へ流れているので漁は無理だろう。ということで冷凍庫の在庫を整頓し、私も久しぶりのお休みです。

7月9日家内とゴルフに出かけた。当日は「理事長杯」が行われ、僕らの後続。
数年前まで競技ゴルフでしのぎを削る気ごころを知った仲間たちだ。立会人は秋田県マッチプレーで3位の実力者小原君もいる。
後続なので、私のティーショットを全員が鑑賞することになる。
私をリラックスさせようと掛け声がかかる。
ひとりが小指を立て「これか?」家内は痩身で身動きも若いので愛人と思われたようだ。
「ウフフ」
仲間「今日は混んでるから、ホールごとに林に連れ込むなよ」ニタニタ
私「え~~」
仲間「刺されないよう虫よけスプレーお尻にかけるんだよ」ニタニタ
私「ニヤニヤ」
仲間「お尻が日焼けしないよう、日焼け止めクリームもだな」ニタニタ
なんて奴らだ。それで緊張も解け、ナイスショットで240ヤード。
仲間「お~~さすが!」
私「どんなもんだい!!」

2017
7/11

僕らはエリート

「あら、あのじぎ秋田県特産品開発コンクールでふたりして賞もらったべ」
「あれ???わしいだな」
「まだわしいだじげ、ほら~15年まえだどおもたな」
「ほだむがしのごどだば??」
「社長、ババヘラアイス最中入りだったべ」
「お!んだおもいだした。へばあだなだけが」
「ハダハダ切込み・・な~社長・・ほしたてもらわいね賞だで」
「んだじやな。ちゃんと審査員いだものな」
「んだ。おらがだ食品界のエリートだで!」
アハハと高笑い。練習場の一コマでした。

はたはた通信 発行責任者 男鹿海洋物産 笹渕
はたはた通信 発行責任者
男鹿海洋物産(有) 笹渕
首都圏男鹿の会のご案内
ページの先頭へ移動