2017
12/12

IMG_0214.JPG 
群馬県の大平さんから、下仁田ネギの陣中見舞いですね。少し風邪気味なのでグッド!
猛烈な時化が続いている。寒波の中、豪雪地帯の角館、横手と配達兼営業に歩いた。出て間もなく片側2車線左側を60Kで走行信号が赤になり停止しようとしたが、アイスバーンで滑空。車間距離は十分のつまりが追突しそうになるので、急ブレーキは踏まず、ストンピングでトントン踏むが追突寸前カーブを右に切り、反対車線に突入そのまま空家の駐車場で止まる。滑空して80メートルか~~怖かった。

今年はハタハタ厳しいようですね。畑も海も自然相手ですからしょうがないですよ、自然には勝てません。今年のネギはまあまあかな?自作の生姜、ゆず菓子作りました。お茶うけにどうぞ!

きょうの時化はおそろしいほどの波の高さと思う。ここ5~6年は規模の大きなのがしょっちゅうだ。竜巻注意報も時たま出るし、変わってしまった。
大平さんも随分ハタハタのこと心配してくれてましたね。ともかく15日には結論出しますと、伝えました。

2017
12/11

今まで・・

ハタハタの選び方は自負するものがあり、そのためネット上のお客様は固定化していましたし、確実に増えていました。
故郷を思う気持ちや、家族を思う気持ちにできるだけ応えようと20年近く過ごしました。今年は駄目です、どうしようもありません。
お店に直接いらっしゃる方にも、小さく高いので状況が変わらないうちは置きませんと伝え、帰っていただいています。
大が割りばし程度の20センチで、ハガキ(15センチ)が殆ど。荷物を送ることはできません。
到着したハタハタと価格にギャップがありすぎます。このあと劇的に状況が変わらなければ送りません。
(売上は欲しいですよ~~)

2017
12/11

苦渋のメール

15日にハタハタ送付を取りやめるかまたは継続かのご案内をいたします。

生ハタハタご注文の方へ
この度は生ハタハタをご注文いただきありがとうございます。しかし、今にいたるも一件も発送できず、店頭販売もしていません。

8日初漁があり各所、その後継続した水揚げがありません。また弊社の一番の仕入れ先、大産地北浦ではいまだ接岸していません。

問題は、現在水揚げされているハタハタが全体小さくて、説明しようもないことです。
「中」が「大」と表示され、とても内容にそわない高値となっています。
スーパーの売り場に並んだハタハタが小さく、素通りされる方が大勢います。

弊社のホームページを信頼なされてご注文された方は、もしお届けになった場合その姿と価格に愕然とされることでしょう。

この先水揚げされたハタハタが、納得の大きさと価格になるとは考えられません。

現在暴風雪注意報が出て操業のできない状況です。この時化後の模様を見て、販売送付を取りやめる場合もあります。

ハタハタを楽しみにしている皆様のご期待にそえない場合もありますので、ご理解ください。

2017
12/10

今朝の船川

ほぼゼロでした。8日初漁の残りが海にいて、それが網に入ったようだと漁師さんが話してました。
北浦3箱で、きょう10時会議。モニター船の油代も出ない。

明日南西の風が強いので、いくらか来るかな~と力なく話してました。

15日まで進展ない場合、「ハタハタ申し訳ありませんが送れません」のハガキをだせるよう準備します。

青森鰺ヶ沢大漁で沖合もかなりの水揚げがあると連絡ありました。秋田はどうした??

2017
12/9

いつもは賑わうはずですが

いつもは「はたはた大特売」の幟がはためき、お客様との応対に忙しい日々。今年は大きく変わりました。高値とハタハタが小さいことで、仕入れできません。
先ほど県南と連絡をとったら、小さいのばかりでどうにもならないとのこと。彼もスーパーを多く抱え、頭を痛めていました。大サイズとなってても、中型ではないか・・。参った

2017
12/9

誤解のなきよう

スーパーで大5500円と午前中書きましたが、誤解なきようお願いいたします。
サイズはハッキリ言いまして小さいです。今まで皆さんにお届けしたものと比べギャップがありすぎます。もしこれを発送したらトラブルなるでしょう。
1箱に特が半分で、大が半分だと送るための準備に入りますが、駄目です、送りません

2017
12/9

販売事情

スーパーで次のように販売していた。
「特メス」主に3年魚数匹4年魚 3,5K1箱 8800円
「大メス」主に2年魚数匹3年魚 1箱 5500円
「中メス」主に2年魚 1箱 いくらだったっけ?忘れた。このサイズは絶対売れないだろう。
売れていませんね。あまり高くてギャップがあると思う。それと全般小さい。中メスだが、オスだったら加工用に格を落とすサイズ。

中央市場で売れ残ったとのこと。明日は日曜日なので安売りされる可能性もあり、残品を引き取ったとの怪情報あり。
(セリ人が販売額を希望で出すが、売れない場合市場で勝手に値段をつけて販売すること多々あります。市場は販売額の数パーセントを手数料とする。市場は損することはありません)
 

2017
12/9

ハタハタの目方変更について、お願い

今年のハタハタは大不漁となり、高値が続いています。
そのため、多くの方にハタハタが届くよう、またお支払い金額の上限を抑えるために内容量を下記の通りに変更する可能性がありますので、ご了解ください。
例 メス3K→2,5K(浜値により上下します) 価格5000円は一定
例 混み3K→2,5K(浜値により上下します) 価格3200円は一定
例 オス4K→3K(浜値により上下します) 価格2400円は一定
なお、ご注文件数があまりにも多いため、個々の方々に了承を得ることは不可能です。
申し訳ありませんが、よろしくご理解ください。

男鹿海洋物産有限会社

2017
12/9

またも北浦は

北浦、早朝モニター船に50匹ほどかかる。そのため一斉に網を入れたが・・結果は夜でしょう。
船川朝水揚げあるが、一回でただけで止めた。ハタハタいないので、でてもしょうがないとのこと。
よって値段は下がらないでしょう。ただし、北浦で上がるとなれば少し変動します。
高くてもきょう夜に船川ハタハタ仕入れの方向ですが、高ければ止めます。

2017
12/8

北浦12時

IMG_0212.JPG
船川の初漁もあり、早々と「イクラ・カニ棒蒲鉾・卵焼き」を「酢飯」に載せた丼を掻っ込む。せっかくの美味しい昼食も、初漁が優先。
最初にゴルフ仲間の船へ行ったら岸壁で仕分け作業、総勢20人くらいかな。
「少し見せてください」
「お~健ちゃん、北浦はどうかな?」
「北浦は時化てどうしようもないと電話あったが、それでも行くよ~。ところで社長これくらい初漁があるからイーグルかな!」
北浦はモニター船が網を上げていた。この写真は番屋から撮影したものです。番屋には誰もいませんでした。
船川は緊張が走っているのに、こちらは弛緩というか活気ゼロ。明日は波も穏やかになるので期待したい。
12日は大荒れだから、その前に来ると思うのだが・・。

はたはた通信 発行責任者 男鹿海洋物産 笹渕
はたはた通信 発行責任者
男鹿海洋物産(有) 笹渕
首都圏男鹿の会のご案内
ページの先頭へ移動