2016
12/10

19時携帯が鳴り「ハタハタあるぞ~」と思いきや「さんまありがとう」。「親方、それはウナギ」「お~ウナギか~」がっかりした。
きのう親方は北浦地区一番の水揚げのお祝いで差し入れた。漁が少なくモチベーションが落ちていた時にメスを沢山とれたので、少し安堵。ただしメス30箱程度と聞いた。その後夕方は親方だけが漁協にメス10とオス50運ぶが、他の船は殆どなかったらしい。
きのう夜は時化でスタッフは家に帰った様子、親方一人番屋でお留守番。そこで寂しくなって電話をくれたと思う。よしよしきょう遊びにいくからね。

「このさんま美味しいね」とスタッフ一同舌鼓をうったのではと心配です。

2016
12/9

店舗販売は不調

先ほどの日記は奇妙奇天烈摩訶不思議。実は気絶しながら書いてたような気もする。駄目だと思い、布団直行1時間の睡眠で復活。ヤマトは6時半までだから、時計とにらっめっこしています。日記を書いてるのは口数が多く嫌われてるのが分かるので避難。ま~年配者の知恵でしょう。
大体、体が動かないのと反比例して口。今はカリカリしても、年末はニタ~でお互いの健闘を称えあう。
ハタハタの高値で直売が不調、3人に一人は直帰で情けない。秋田県の皆さん、高くても買ってください。漁師さんの気力を奮い立たせてください。今に取る人いなくなるよ。私も薄利で頑張っているんだから・・。
店舗で堅調が寿し。きょう初たるを試食していただいたら皆さん購入。不漁を補ってくれれば良いが?

今夜は時化で網を上げたました。ところで不漁により厭戦気分で切り上げる船がでないか心配です。

2016
12/9

寝静まる浜

13時番屋へ。窓から親方の頭が見えないので、音をたてないよう静かに階段を上がる。みなさん布団をかけずに寝てました。
我が番屋は朝メス20箱の大漁・・というか、他は1箱とか2箱だから大漁です。昨年なら100箱とか150箱。いくら価格が高くても20箱ではいかがなものか?
漁協には全体で40箱のメス300箱のオス、厳しすぎる、14隻で水揚げ・・う~~ん。

2016
12/9

第2ステージ

きのうは荷造り発送で足腰が立たないくらいでした。こんな場合、私はアゴで指示します・・得意技ですね。冗談が出るのも、発送の目途がついた安堵感。600個あった蓄冷剤も底を尽き、メーカーから直送されたのをアルミバットに並べ急速冷凍。凍るまで休息・・お~冴えてる。最近できが良い。
朝一番で樽の酢を舐める。そうです、寿しの糀の湧き具合を確かめるのです。冷蔵庫内は酒蔵のようにかぐわしい。そのままドアを閉めると酔ってしまうほど。
舐めてみたら、砂糖のように甘くて安堵。最初の樽は明日上げます。
生ハタハタと一緒に送っての要望も多くあります。寿しの仕上がりと、ハタハタの入荷が合致しないと慌てることになりますが、ことしはつつがなく合わせ荷物できそうだ。

途中ですが・・

2016
12/8

目安価格に合わせた入札価格では歯が立ちませんでした。未発送伝票の山には、ストレスで胃がひっくり返り、疲れてるのに眠れません。
思い切って発送にこぎつけましたが、皆様にはお詫び申します。本当に申し訳ございません。
「そのうち来るさ」と、慰めと期待を込めた言葉が浜を覆っています。わたしもそう思いたいのですが、今朝もメス20にオス300個。終わり間際の傾向が当初から続いていました。
心配は一年を通じて製造する原料を漁協が確保できるかです。発送で夢中になってましたが・・。

2016
12/8

皆様へ

本日 
メス3K 5000円(目安価格は4800円)
混み3K 3200円(目安価格は3000円)
オス4K 2700円(目安価格は2400円)で発送いたします。
ご案内の範囲で収めたかったのですが、例年の2割程度の水揚げにとどまり、高値が続いております。
産卵を終えたメスも多く、漁の終盤を暗示しています。
今後漁模様が好転する見込みも無く、多くのご注文に対応できませんので上記価格で送いたします。
なお、あくまでも浜値に近い価格ですので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
発送には数日かかると思われますので、未着の方は少々お待ちください。

不明をお詫びいたします。

2016
12/8

今朝も・・

ポンプで汲み上げたら4分で終わり。20分でま~ま~、40分大漁ですので、ひどい。
きのう漁協へオス500メス40足らず並んだ。オスはまたもや入札で負け、メスは落札。価格が高いので、店舗販売通常3Kを2Kで詰め替えます。でなければ売れません。
ネットご注文の方はもうしばらくお待ちください。

2016
12/7

青森ハタハタ

ショックでした。北浦についで多くの水揚げを誇る船川地区で、スーパーが青森産を販売した。これほど水揚げが無いのです。
現在も「混み」「オス」のご注文メール入りますが、「ありがとう」の返信を保留いたします。販売方法の見直しやら、入り数の変更があるからです。
予約の皆様には、いずれ手頃になるだろうとお手頃目安価格を維持してましたが、利益無しの状態でした。もう続けることはできません。
状況に見合った販売をしますので、ご理解ください。

青森産について
「色が白く小さかった」と、うちのスタッフが話していました。
男鹿はハタハタへの自負心が強く生産者にあり、扱いが粗末で白くしたり、見栄えの悪い小さいものは漁協へあげません。普段であればそのスーパーもそんな品質の物は仕入れするはずがありません。
男鹿は苦しんでいます、いや全県でしょう。

2016
12/7

入り数の変更検討中

ご予約の皆様には今までどおり、「メス3K」「混み3K」「オス4K」で、多少上下があっても目安価格に近い価格で伝票を書きます。

大不漁により、浜値がさらに上がりそうで参っています。近所のスーパーでは青森産ハタハタ白くて小さいのを販売してました、男鹿の真ん中でですよ。
夕方3時入札はえらい高く、箸にも棒にも掛からぬ入れ札で完敗。一個も仕入れができませんでした。そのため仕入れ可能な金額ではえらい高い値段になります。
そこで1箱のK数を減らし、3Kだったら2K半4Kだったら3Kに直し販売することになりそうです。
12月6日価格を、例えば
メス3K「4700円」→2k「3900円」
混み3K「3000円」→2K「2400円」
オス4K「2600円」→3K「2200円」
このように直さないと大変です。もちろん大幅値上げです。
もし目方そのままでしたら、今日の落札価格から割り出すと
メス3K「5800円」
混み3K「3600円」
オス4K「3300円」
今年は大不漁で目安価格は見当違いとなりました。改定しないことには・・・。

2016
12/7

男気・熊谷さんから・・

今年は盆と正月がいっぺんにきましたー♫どちらも「いついつ届きます」というアナウンスがないため、この時期はとてもスリリングです。すき焼き用の山形牛は、実家の両親が孫たちへの心遣いをしてくれるものです。ウチはいいから、そのぶん二人で美味しいものを食べてちょうだいと言うのですが毎年欠かすことなく送ってくれます。箱買いのハタハタは、ここ数年懇意にして頂いている秋田の魚屋さんからのお取り寄せです。届いた時間が遅くて夕飯済んでるんですが、取り急ぎオスメス焼きました。こればっかりは別腹ですね♡
kh.jpg
こんなお手紙を添えてくださるのですが、どうしてどうして立派なハタハタなんです。お取り寄せなら男鹿海洋物産へ!いいお仕事なさってます。間違いないです!
15267683_1766693626928074_1280013021253738256_n.jpg
牛肉も別便で同日届いたようでこちらもご紹介いたします。(私の納品ではありませんが、美味しそうで・・)
15390763_1766691393594964_6001656729234689767_n.jpg
迫力の画像をご覧ください。(小さくするのができませんでした)

はたはた通信 発行責任者 男鹿海洋物産 笹渕
はたはた通信 発行責任者
男鹿海洋物産(有) 笹渕
首都圏男鹿の会のご案内
ページの先頭へ移動